白ぶかし

吹田市葬儀屋

 

東北地方の一員たる宮城県のお通夜では、もち米に白ササゲ豆(小豆の一種)という豆を混ぜてフカフカに蒸かしたおこわ(白ぶかし)を振る舞うという伝統がございます。

ただ、お通夜でおこわを食べるような慣習は、日本全国各地でけっこう見受けられるものなのであります。

お通夜でおこわを食べる慣習には、どうも「おこわをガツガツ食べることで、モリモリと力を付けるんだ!」という深い意味があるようなのです。

故人を葬る方法として、まだ土葬(埋葬)というやり方が主流だった時代、お葬式というのは、言葉通り・文字通りの重労働でありました。

もしかしたら、故人をしっかりとあの世へと旅立たせるために、また、しっかり重労働たる埋葬(土葬)を完了するために、おこわなるものを参列者に振る舞っていたのかもしれませんよね。

また、宮城県松島市近辺の地域では、ほんの数年前まで、お通夜の振る舞いが町のホテルの大宴会場あたりで行われていたようですね。

どうも、弔問者ひとりひとりに対してご丁寧に一つずつ料理のお膳を出したりしていたようなんですが、お通夜の参列者などは事前に人数が全く判らなかったでしょうから、ご遺族様におかれましては、大変な振る舞いの準備だったのではないかと思いますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です