拾ったおっさん

家族葬吹田

我が日本国においてありがちな葬式シーンといたしまして、いざ葬儀本番の式場に入場する時は、まず初めに故人様のご遺族さまが式場に入場なさいますよね?

その直後になって、参列者が式場に入場するというのが一般的な葬儀の流れであると言えるのではないでしょうか?

まあ、参列者連中といっても、何とかやりくりして用意した香典袋を落とさないように会場まで持ってくるので精一杯だった人ばかりなんでしょうけど。。。

まさに、亡くなった故人様とのお別れのことなんかそっちのけ(;^ω^)

まあ、庶民階級の参列者連中が用意した香典袋の中身なんか、どうせ一万円札が何枚か入ってるだけなんでしょうけども。

でも、葬儀会場への道中のどこかで香典袋を落としたりしたらやっぱり悔しいし、銀行のキャッシュコーナーに駆け込んで二重に香典用のお金を用意しなければならないとなってしまったら、なおさら腹わた煮えくり返りますからね。

おまけに、参列者連中がせっかく用意した香典袋を拾ったおっさん(しょうもない底辺労働者)が、香典袋の中身たる何万円かを使って酒を飲みに行ったり、TSUTAYAのアダルトコーナーで未亡人ジャンルのエロビデオを借りたりしていたら、それこそ相手に対して殺意が湧きますからね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です