バンク印鑑

 

つかぬ事を伺いますが、この記事をご覧のみなさん方は、銀行印というハンコについてどんな印象をお持ちなんですかね?

ただ単に、「銀行(金融機関)で個人口座を開設せんとする際に使うだけの印鑑」というイメージをお持ちの方が、案外多くいらっしゃるのではないでしょうかね?

銀行印というハンコは、登記関係の各種書類を作成せんとする際に使われる実印あたりとは、クッキリハッキリと区別されるものなのであります。

銀行印というハンコが、実印と明確に区別される大きな理由としましては、まず印鑑の安全性の問題がありますね。

銀行印というハンコは、銀行(金融機関)への届け出上、実印と全く同じ印鑑を登録することも確かにできます。

ですが、印鑑というものは、盗難被害に遭った時や紛失した際には、ちゃんと然るべき場所へ届け出をしなければなりません。

そのため、実印と同じ印鑑を銀行(金融機関)に登録していた際に運悪く印鑑の盗難被害に遭ったり、印鑑自体を紛失したりしてしまうと、そうでなくても印鑑悪用のリスクが二倍になって困る上に、然るべき場所へ印鑑紛失の届け出をする手間ヒマも、大幅に増えたりします。

このような要らぬ手間が増えることを未然に防ぐためにも、私は銀行印と実印で全く別々の印鑑を登録することをおすすめしております。

 

はんこ通販

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です