人間のクズ

 

ボサっとしたバカタレ日本人グループは、クソみたいな泥棒連中(人間のクズ)が自分の家の中に盗みに入ってきた際をイメージしてみてくださいよ。

で、同じ場所で管理していた銀行印と預金通帳が、仲良くセットでクソみたいな泥棒連中(人間のクズ)に盗られてしまうようなことになれば、結果はどうなりますか?

そんなの、火を見るよりも明らかですよ。

銀行に預けていた貯金がものの見事に、綺麗さっぱり、ぜんぶ泥棒連中の手によってストンと引き出されてしまうという憂き目に遭うじゃないですか!

こんなの、まさに最悪の事態発生というやつであります(泣)

クソみたいな泥棒連中(人間のクズ)に自分のお金を持ち逃げされるなんて考えたら、頭に来て夜も眠れませんよ!

しかし、銀行の預金通帳と銀行印を一緒の場所にて保管、管理していたという愚かな事実は、間違いなくバカ預金者の過失、バカ預金者のチョンボ扱いとなるわけなのですよ。

そのため、クソみたいな泥棒連中による盗難被害であるにもかかわらず、銀行では一切金銭損害を保証してもらえないという情けない事例も、日本の歴史にはあるそうなんです。

のんきに構えて危機感が足りない日本国民の皆さま、銀行印と預金通帳だけはくれぐれも別々の場所に保管、管理することにして、きっちり泥棒対策やセルフ防犯対策を講じておきましょうね!

きっとですよ!

安いハンコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です