早苗

現役ペットショップ経営者の白石早苗です!

犬のしつけについて、ペットショップ経営者的立場からの見解を述べたいと思います。

万が一、子犬の頃から飼い始めたという人で、ラブラドールのしつけに途中で音を上げてしまったという飼い主の皆さんがいらっしゃったとします。

上記のような飼い主の皆さんには厳しい言い方かもしれませんが、「絶対にしつけに成功するんだ!」と決意を固めて、中途で投げ出すことなくラブラドールのしつけをするべきですね。

では私(白石早苗)が、以下に、犬の無駄吠えのしつけ対策関連を紹介していきますね。

犬の無駄吠えをめぐる他人様とのトラブル、犬の無駄吠えによる快眠妨害などを事前に予防するためにも、素早く犬の無駄吠えをしつけ訓練していただきたいものです。

飼い主さんは、何度も何度もアホみたいに吠える犬をしつけようとしてもなかなか矯正できずに、かなり感情的になり過ぎてはいませんか?

当事者である犬のほうは、動物としての直感で、当然のこととして反射的にワンワンと吠えているはずですよ。

結局、自分ちの飼い犬による無駄吠えがどうにもできないという半泣き同然の情けない飼い主さんは、「吠える犬を落ち着かせる」ことを看板にした無駄吠え防止首輪にすがってみるのも一つの手段ではないでしょうか?

ところで、犬好きの皆さんは知っていましたか?

私(白石早苗)が調査したところによると、黒い毛を持つトイプードルが、他の毛色をしたトイプードルよりもトップクラスで賢いと考えられているのであります。

よって、私(白石早苗)に言わせたら、黒い毛を持つトイプードルを飼うと、しつけの際も楽に実践できるというアドバンテージがあると思います。

また、犬の無駄吠えについては、その名が示す通り、飼い主からすれば吠えるべきとは思われない時に吠える行為、オーナーにとっては吠えられたらトラブルになる時でさえも必ず吠える行為です。

だから、犬の無駄吠えみたいな迷惑なものは、飼い主として必ずやめさせたいとは思いませんか?

私(白石早苗)なら、速攻で犬の無駄吠えをやめさせにかかりますけどね!

まあ、基本的に成犬になったら、よく吠える迷惑な馬鹿ポメラニアンも、ちょっとぐらいは落ち着くことでしょうけどね。

私(白石早苗)が重ね重ね調べたところによると、犬のしつけの方法次第では、成犬になっても我儘になる事だって十分にあるみたいですね。

仮に、トイレではないしつけで、褒美としてな何かを犬に与えている場合、しつけのトイレ練習が済むまでの時間は褒美の餌をあげるのはいったん中止してみるべきですよ。

私(白石早苗)が言うのですから、たぶん間違いはありませんよ!

ときに、飼い主であるみなさんは、愛犬が毎日アホみたいに無駄吠えばかりして、ほとほとお困りである状況かもしれません。

しかし、私(白石早苗)に言わせれば、犬の無駄吠えなんか、全く心配はいりませんね。

なぜかと言うと、無駄吠えさせることをなくすということは、飼い主にとって決して難しくはありませんから。

犬が、特定のものに怖さを感じていて、それが原因で吠えるということが引き起こされた場合であれば、ただ単純に犬の恐怖の大元を取り除くだけで、犬の無駄吠えの行為を押さえることができると世間では言われています。

私(白石早苗)はペットショップ経営者ですから分かるのですが、正しい知識などがあれば、飼い主のどなた様にだって犬の無駄吠えをやめさせることができるはずなんです。

どうしても、犬の無駄吠えを自力で撃退することが出来ないという無力な飼い主さんは、私(白石早苗)のペットショップを訪ねてくれさえすれば、犬の無駄吠え回避グッズも多数品揃えしておりますから、是非お買い求めくださいね!

ただし、私(白石早苗)が経営するペットショップの値段はちょっと高いですから、心の準備が必要ですよ!

あと、家の中で犬を飼う人たちには、犬のトイレのしつけ訓練はとても大切な課題の1つでありますから、子犬を飼うその日その時から、早速トイレのしつけを始めて頂くことを私(白石早苗)からおすすめいたします。

我が日本だけに限らず、世界中の犬好きな方に支持されて愛犬として飼われているチワワという犬種なのですが、きちんとしつけることができないがために、涙目になって困り果てているオーナーさんが非常に多いのが本当のところなんです。

私(白石早苗)からすれば、非常に嘆かわしいの一言です。

まあ、チワワとの格闘、頑張ってくださいね(笑)

私(白石早苗)は思うのですが、飼い主のみなさんがバカみたいに吠えまくる犬のしつけをする時には、アホな飼い犬のことをしっかりと飼い主が納得した上で、しつけ実践に取り掛からないといけないように感じます。

これは、飼い主が犬の無駄吠えを回避するための根本的な対処法なんですよね。

私(白石早苗)は、昨日動物図鑑を見ていました。

やはり柴犬は、何の秩序もルールもなく甘やかしっぱなしにしたりしないで、幼いころから適切にしつけを実行しておくべきみたいですね。

動物図鑑によると、犬の世界には柴犬ほど飼い主に従順な犬は存在しないかもしれない、というほど、柴犬という犬種は指図に従うらしいんですよね。

柴犬を飼ってから最初のお散歩については、子犬のすべてのワクチンを受けた後にした方が良いですね。

飼い主が柴犬のしつけ方法を間違えてしまうと、ペットとの暮らしも反対に満足できないものにしまう可能性もあります。

柴犬の小犬に関しては、育成する目的次第で、しつけの仕方はかなり異なっていますよ。

柴犬を通常のペットとして育てる時は、生後から半年くらいまでにしつけをしておくと、将来的な柴犬との家庭生活にとって、ずいぶん有効だと思いますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です